風邪薬

レーシックで老眼は治る?

今レーシックという視力の回復法が注目されています。
一番のメリットは裸眼の人と同じ生活ができるということです。
眼鏡やコンタクトを装着しなくては、日常生活を送るために必要な視力を得ることができません。

不便差や煩わしさを感じながら毎日の生活を送っている人も多いのではないでしょうか。
中には眼鏡をかけることによって肩こりや頭痛を感じる人もいます。
またコンタクトでは、目の感染症などのリスクもあります。

感染症の症状がひどくなると、失明してしまう可能性もあります。
しかしながら毎日の生活を送るためには、これらの視力矯正は必要不可欠です。
このような生活の改善できる方法としてレーシックはどんどん需要が高まっています。

レーシックは、目の角膜を削りレーザーで屈折を矯正することで視力を回復することができます。
視力低下で悩んでいる人には今一番気になる治療法といえるのではないでしょうか。
そんな視力の問題の一つに、老化現象の一つでどうしても起きてしまうのが老眼です。

今まで裸眼で生活してきた人にとって、近くのものが見えにくいということはとても不便に感じます。
普段から眼鏡などをかける習慣がないことがないことから、煩わしさをとても感じる人が多いです。
そこで老眼もレーシックで改善することができるのではないでしょうか。

今のレーシックの技術では、老眼の治療は行うことはできません。
老眼は近くのものが見えにくくなるという症状で、遠視と同じなのではと思いがちです。
しかし同じ症状でも原因が全く違うので、治療も異なります。

老眼は毛様体筋という目の筋力の衰えと水晶体の弾力が衰えることで起きてしまいます。
これは長年目を酷使してきたり年齢によっておきてしまうどうしても避けられない症状だといえます。
それに比べて遠視はピントが正しい位置で交わることができずにおきてしまう症状です。

なのでピントを合わせるレーシックの手術受けることで、視力の回復を行うことができます。
それでは老眼になってしまうと眼鏡をする生活を絶対おくらなければいけないというわけではありません。
レーシックとは異なりますが、特殊なレンズを埋め込む手術を行うことで裸眼と同じ生活を送ることができます。
裸眼の生活を送りたいと思う人は一度クリニックで相談してみましょう。


↑こちらにはレーシックの種類と費用、視力が回復できる仕組みについて詳しく解説されているサイトがあります。
とても参考になるサイトですのでこちらも是非ご覧ください。

▼レーシックまるわりサイト。こちらもおすすめです。

Copyright(C) 2013 目に欠かせない施術 All Rights Reserved.