風邪薬

レーシックの安全性は?

視力の低下に伴い、視力の回復法が進化しています。
ここ20年間で、大きな成長を遂げているのが、レーシックという方法です。
これまで視力調整はメガネやコンタクトが必要でした。

お手入れや視力の再調整が必要になってきます。
毎日生活するためには必須なので、煩わしいと感じる時も少なくありません。
そんな煩わしさから解放され、裸眼の人と同じような生活ができるのが、レーシックの最大の魅力です。

http://tcbyct.com/2.htmlにも書いてあるようにレーシックでは、角膜を削ってラップという蓋をまず作ります。
そしてレーザーを使って屈折を調整し視力の矯正をします。
最後にラップ部分を戻して手術は終了します。

レーシックでは角膜を削るため、一定の厚みがなければ受けられません。
人によって角膜の厚みも異なり、必要最低限を残しておく必要もあるので何度も受けられる手術ではありません。
だからこそ安全性というものがとても重要になります。
レーシックは本当に安全だといえるのでしょうか。

まず多くの人が心配されるのが、失明というリスクです。
http://www.thedividethemovie.com/failure.htmlにも書いてあるようにレーシックでは過去20年間の手術で失明したという症例は、0件です。
日本でも2008年には年間40万人以上が受ける手術になりました。

レーシックは選ぶ手術方法によって、リスクの軽減を行うことができます。
例えば、ラップを削る際に極力うすく削る最新医療を使用することで、より多くの角膜を残すことができます。
また個人の症状によって手術方法をカスタマイズできる治療法もあります。

より視界が見えやすくなり、後遺症の症状を極力抑えることもできます。
高い技術を用いた手術法を選べば選ぶほど、レーシックへの安全性が高くなる場合が多いです。
その分費用は高くなり、両目で10万円以下で行えるものと比較すると、5倍から10倍近くかかる手術法もあります。

レーシックの手術は何度もできるものではなく、できることなら再手術は目の負担をかけないためにも避けたほうがいいです。
そのためには、事前のカウンセリングでいかに自分の目の状態を正確に検査できているかという事が大事です。
そして一番自分の目にとって適した治療法であるのか見極める必要があります。

安全な治療法を選ぶためには、手術の方法の特徴などの知識を持つことも大事です。
レーシックを失敗した場合こちらの記事も必見です。
▼もっとレーシックについて知りたい方必見サイト


Copyright(C) 2013 目に欠かせない施術 All Rights Reserved.