風邪薬

レーシックを受けて後遺症が出た場合は保障はあるの?

今視力の回復法の一つとして、注目されているのが、レーシックです。
いままで視力の回復というと、メガネやコンタクトを使用しなくてはいけませんでした。
レーシックの場合は、直接角膜を削ってレーザーを使用して屈折を調整するという手術になります。

なので、何かを装着する必要はなく裸眼の人と同じような生活をすることができます。
毎日のお手入れの必要がなくなり、視力の変化によって新たに調節する必要もありません。
旅行先やお出かけする際にもメガネなどを持ち歩く必要もなく、煩わしさを感じることがなくなります。

多くもメリットがあるため、レーシックを受けたいと感じる人が多くなってきています。
しかし目にメスを入れるということに対して、不安や失敗などの悪いイメージも持ってしまいます。
デメリットについて詳しくはこちらhttp://www.sonatarestaurant.com/8.html
レーシックについてネットなどで情報を集めてみると、一番不安要素としてあげられているのが術後の後遺症です。

レーシックの手術を受けた後、必ず後遺症というものが発生します。
目にメスを入れるため、何かしらの症状はでてしまいます。
人によって症状の違いがありますが、ドライアイやハロ・グレア現象などがあります。

ドライアイ現象は、目が乾燥してしまうという症状です。
このドライアイの減少は誰もがよくなってしまう後遺症の一つで、対策として目薬が処方されています。
せっかく視力の回復をしたのに新しい悩みが増えたと思ってしまいがちですが、術後の一時的な症状なため目薬などをこまめにさすようにしましょう。
あまりにも長期間続いたり症状がひどい場合は、病院に相談してみましょう。

そしてもう一つはハロ・グレア現象です。
夜間のライトがより光って見えてしまうという症状です。
目がまぶしく感じる人が多く、目の負担が強くなってしまいます。
なるべく夜間の外出に注意する必要があり、特に車の運転は対向車のライトなどで視界が悪くなってしまうので注意が必要です。
このような後遺症が悪化した場合、アフターケアが充実している病院であれば、何かしらの形で保障されています。

まず事前のカウンセリングで術後の後遺症の説明がしっかり行われていることが重要です。
意外に手術後こんな症状が起こるのを知らなかったという人も多いです。
また手術方法によっては、後遺症を予防することができる手術もあります。
また、レーシック手術はコンタクトよりも危険が少ないとも言われています。

選択する手術方法によって、保証期間を設定している病院もあります。
最低でも1年、5年、20年、一生涯など無期限の保障もあります。
そして再手術が無償で行われる保証をしている病院もあります。
レーシックの手術の費用は高いので、再度無料で行えるということは、手術を安心して受けられる重要な要素だといえます。
レーシック手術後一週間についての記事http://www.stqy.net/007.htmlも参考になると思います。

Copyright(C) 2013 目に欠かせない施術 All Rights Reserved.