風邪薬

未成年がレーシックを受ける場合は親の同意が必要?

今視力の低下が問題視されている中で、小さいころからすでに眼鏡が必要だという子供が増えてきています。
小学校や中学校、高校など学生を見かけると眼鏡などを使用している人がとても多いと感じます。
小さいころからテレビやゲームやパソコンなどが身近にあり、つい夢中になって長時間行ってしまう子供が多いです。
ショッピングモールなどでも、どこでも座ってゲームをしている様子も見かけます。

そのような環境のが続くと、常に近くを見続けたり、ブルーライトなどを浴びたり、目の負担がとても多くなってしまいます。
その結果視力低下を引き起こしてしまいます。

そんな小さいころから、メガネやコンタクトを使用していると、裸眼の生活にあこがれを抱くでしょう。
眼鏡やコンタクトなどの装着をすることなく、クリアな視界を手に入れることができます。
そんな方法の一つにレーシックという方法があります。

レーシックは、目の角膜を削ってレーザーで屈折を調整し矯正する方法です。
目にメスを入れる手術になるので、リスクなどもありますが、術後の生活はとても快適です。
快適な生活を送れるならだれもが受けてたいと思うのですが、誰もが受けれる手術ではありません。

もちろん目の状態によっては受けることができない人もいます。
また妊婦さんや授乳中の人、18歳未満の未成年は受けれません。
仮に18歳以上になったとしても、レーシックを受ける際には親の同意書が必要になります。

レーシックは10万以上する手術で、場合によっては100万近く治療費がかかることもあります。
なので未成年で学生の場合は親が費用を負担する場合が多いです。
たとえ自分で治療費を負担する場合でも、親の同意書が必要になります。

日本では20歳を過ぎると成人として大人の仲間入りができます。
特にまだ未成年の場合は成長期の段階だといえます。
目の神経や細胞などがまだ活発に働く時期に、目に負担をかける手術はお勧めしていません。
なので親が事前のカウンセリング内容や手術や術後の症状についての説明を子供と一緒に理解する必要があります。
それだけレーシックはリスクも起こる視力回復法の一つだということを理解しておかなくてはいけません。

Copyright(C) 2013 目に欠かせない施術 All Rights Reserved.