風邪薬

妊娠中にレーシック手術は受けられる?

視力低下に悩む人は大変増えてきています。
全国チェーン店のメガネ専門店が増えたり、コンタクトレンズを販売をしている専門店も増えました。
今大型のショッピングモールには最低でも1店舗はメガネショップがあります。
多いところでは2店舗から3店舗ほど出店しているショッピングモールもあります。

それだけ多くの需要があるということは視力低下はとても深刻な問題といえます。
視力の回復方法といえばメガネやコンタクトなどを使用することを思い浮かべます。

常に何かを目に付着することで、生活に必要な視力を手に入れることができます。
そういった方法以外にも視力を回復する方法があります。
それが、レーシックという方法です。

レーシックは角膜を削りラップ部分を作り、レーザーで屈折部分を正しく矯正することで視力回復ができます。
日帰りで行うことができる手術なので、誰でも受けれるのではと思いがちです。
中には出産のときに裸眼でしっかり自分の目に焼き付けたいとおもい、妊娠中にレーシックを受けたいと思う人もいます。

しかしレーシックは妊娠中や授乳中には受けることができません。
まず大きな原因としては二つあります。
一つ目は、確実な視力のデーターをとることができない可能性が高いということです。

妊娠中はホルモンバランスがとても不安定になっています。
ホルモンが不安定な場合は、屈折が不安定になりがちです。
なので現状の視力をしっかり測定することができません。

レーシックを受けるためには、今の視力の状態をしっかり把握した状態で行うことが必須条件です。
何度も手術ができるわけではないので、確実にデーターをとることができる時にレーシックを受けるべきだといえます。
またもう一つは胎児への影響です。

もし仮にレーシックを受けた場合、術後に感染症を防ぐ薬を服用をしなくてはいけません。
また手術に関する不安やストレスが、胎児にどのような影響を与えるか分かりません。
妊婦のときは薬の処方が一番慎重にならなくてはいけない時期です。
もちろんどのような影響が出てしまうのかというデーターもそろっていないのでとても危険な行為といえます。
なるべく早くレーシックをしたいと考えている人は、出産後卒乳してから受けるようにしましょう。
また、目の整形手術をしていても治療は受けられるのでしょうか。詳しくはこちらhttp://with-life.jp/menobiyouseikei.html

Copyright(C) 2013 目に欠かせない施術 All Rights Reserved.