風邪薬

レーシックで視力が回復した場合は運転免許証の記載はどうなる?

今視力の回復法の一つで、http://www.hburgpc.org/siryoku.htmlにも書いてあるようにレーシックが話題になっています。
今まで生活に必要な視力を得るためには、メガネやコンタクトの着用が必要でした。
メガネやコンタクトは寝る際には毎日取り外しする必要があります。

特にコンタクトの場合は、直接目に触れるものなので、洗浄をして清潔に保つ必要があります。
それを怠ると結膜炎などの感染症を発症してしまいます。
中にはコンタクトが着脱できなくなったり、目を傷つけてしまう可能性もあります。

十分なケアが必要ですが、ときには疲れていたり酔っている時はそのまま寝てしまったという経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。
そんな毎日のお手入れなどの手間がかかることなく、裸眼の人と同じ生活を送ることができる方法があります。
それが、レーシックという方法です。

レーシックは角膜を削り、ラップという蓋の部分を作り上げます。
そして視力低下によってずれてしまっている屈折をレーザーを当てることで矯正することができます。
最後にラップ部分をもとに戻すことで、裸眼の人と同じ生活がくれます。

実際レーシックを受けた人は煩わしさから解放され、何もしなくても生活に必要な視力が手に入るのはとても快適だと感じるようです。
そんなレーシックを受けて快適な生活を送った人で、行わなければいけない手続きがあります。
その一つがhttp://www.qthreads.com/s08.htmlにも書いてあるように免許証の条件の解除です。

免許証には、眼鏡等と条件付きで運転免許証が発行されています。
それを解除しないまま、普通に運転をしていると違反になってしまいます。
点数も2点減点で罰金も5千円から9千円支払わなければいけません。

レーシックを受けた人は、術後の視力が安定してから免許センターか警察署にいって条件の解除の手続きをします。
その場で視力検査を行い、十分な視力があれば解除ができます。
特に費用もかからず即日手続きができます。
裏面に解除手続きが書かれ、次に免許を更新する際に視力に問題なければ、眼鏡等という表示はなくなります。
レーシックを受けて裸眼で運転する場合は必ず手続きを行うようにしましょう。
レーシックの保険適用と金額についてはhttp://icompile.info/hok.htmlをご覧ください。
▼レーシックについての疑問をこちらで解決できます。

Copyright(C) 2013 目に欠かせない施術 All Rights Reserved.